高野山修行の道 3日目 修行初日

ルートイン橋本の爆睡、と思っていてもやっぱ体は煙草を求めたりすぐに眠れない状態がまだ継続する 仰向けで寝てても中々寝つけずにまた喫煙ルーム行ったり…結局また夜中になってしまう始末、もう日にちは修行当日になってんのに…
寝過ごしとか怖すぎて早目にアラーム爆音6時半にしておやすみとなりました zzz

ってあぶねぇええ!!!!
起きたのが8時半、寝坊怖くて寝る前に何もかも準備して構えてて良かった!!速攻飛び出して金剛峰寺を目指します!いくぜええ!!

やめーや!!なんなんぞここ!!!しかも登りだしてからまた忘れ物に気が付いたガソリン満タンで1回ルートイン橋本まで戻るし……またやってるよねこれ系、ほんといかん何かをいつも忘れちゃってる…

グネグネ道を必死に登る俺、土砂降りになったらどうしよう、間違うなよ絶対とホント必死 相当時間に余裕あると思うけどそれでも心配性の俺はもしもを考えてしまう、だからこーやっていつも動く時は早目だよ!

走ってる中で永井さんって車から声掛けてくれる人が!リスナーさんですやんw
煙草にコーヒーのプレゼント本当にありがとうございます!頑張ります!!!!

昼飯無いから食べてないといかん、まぁ時間はかなり余裕あるからここらで喰いますカジカドライブイン、これで朝飯昼飯いけるやろ俺とか

完食して余裕の満腹になる俺、ほんとさっさと到着して安心したいんです どんどん進んでいきます!!

グネグネしまくってたら何かこんなとこまで来てました ここの時めちゃめちゃ嬉しかった!
7.5キロとか、マジもう楽勝やんw
急な坂でも関係ない 今までの道のり思ったらこんなの目の前だわ!嬉しーーー!

そして、ついにその時は来ました!!!!

きたあああ!!!!

めっちゃ寺ありますやん、想像以上にあるぞこれ、こんなのほんの一部だから、周り一帯が本気で寺モードになってる ここまで凄かったのかよ高野山完全に痺れました!!!

早速着替えて金剛峰寺へ進入します!
受付の場所いって体験修行で来た永井ですって言ったらそんなのねーしって言われてガチ焦り!!!!これやぞ金剛峰寺って書いてるやろってホムペ見せたら別の寺の名前言われてそっち行けって言われたから行くけどね

こっちでした!!

きたあああ!ついに受付いきます!
お坊さん出てきて体験修行で来たの伝えたらまだ時間あるから12時半頃来てってなったんでちょっと休憩タイム

た、たけええええええ!!さすが観光地の値段ですねー 美味しく頂きましたーー

そしていよいよ始まりの時が訪れました
住所氏名電話番号などを記入して俺は今から修行僧になります!!!これを着ます!!!

首には仏の心をかけてます、これもセットでの着用です

部屋に入ると先に来てた人がいます
こんにちわーって声掛けしていきます おじさんとか、真面目そうな感じの30から40ちょいでしょうか、そんな具合でした どこから来たんですかとか聞いていったら東京とか大阪、奈良とか京都とか、四国は当然俺だけです!

そして全員が部屋に集結します、遅れてくる男の人入れて男子5人 女子4人です
女子の方は主婦っぽい年長さんに20代半ばぐらいの3人がいました 寺ガールってやつですね
ほんと普通に街でお洒落して歩いてるような感じの若い女の人とかでちょっと驚いたよ、寺ガールとかマジなんやなーって

そして講師の登場です 1つの心を持つ一心先生
先生は20年勤めた会社を辞めて10年前からこの世界に突入したそうです 人生何があるかわからんですと語ってくれました 本当は先生より更に上ランクのボスがいるはずだったんだけど四国に出張してて本日は降臨されないとの事です

そして、早速先生のありがたい真言宗の教えが開始されます その中でも一際痺れた話がこれです

皆さんはこれをなんと読みますか?

そら……違います

くう

と読みます そして くう とは何か?
それは無と有です 解りにくいのでもっとこれを解りやすく説明すると、リンゴが目の前に見えてないとみんなはそこにリンゴがあると思えない
何か無いとあると思えない
それは違うのです なぜか?

じゃあ空気はどうですか?
見えてないのにありますよね?

それが くう =無←→有 なのです

話は様々な角度から攻めて頂き私はそれを真剣に聞いていきました そしてついに!!!

般若心経が降臨しました 般若心経知ってる人って先生からの質問に私は手を挙げました
当然です 葬式で今まで何回でも聞いてる 永井家は真言宗なのも聞いた事あって知ってたからね

大きな間違いでした… 私は何も知りませんでした………

先生が頭取りをしてそこからみんなで般若心経を読んでいきます
ぶっせつまーかーはんにゃーはーらーみーたーしんぎょー、余裕と思って読んでいってたら

えっ?やだ ぜんぜんわかんねなにこれ?
私の般若心経など頭とケツしか読めていなかったのをこれでもかと痛感しました……
相当の長さを誤魔化していました 本当に申し訳ありませんでした 100匹目のサルの話や空海の56億の話など先生からありがたい言葉をみんなで真剣に聞きます

それからみんなで金堂や根本大塔など物凄い建造物を拝みにいきます 実際にそこで先生の後についてみんなで唱えていきます 場所に応じて様々な唱え方があって絶対こんなの覚えきれないよってレベル

悔しくてたまらないのが見て来た数々の建造物の凄まじさ、国宝とかあってその歴史の長さが半端ないです 300年なんか話になりません、4桁クラスの歴史を感じながら拝みまくります

ほんと物凄い建造物ばっかりだから、俺は修行終わったらすぐに帰るつもりだったけどそれは絶対に勿体無いので撮影してから帰る事にします
それぐらい俺は魅せられました 素晴らしいです

それを終えてからみんなで本堂へ行きそこでも先生に続いてみんなで般若心経などを読みまくり、足の痺れもありながら次は寺の掃除になります

俺は雑巾当番、寺ガールがバケツに一杯水入れてたので重いやろ持ってあげるよって触れ合いしておきました ありがとぅって言われて嬉しかったです 掃除では男女みんなで声掛けあいながらまだ終わってないとこある?とか言いながらみんなでマジで綺麗に掃除したよ!こんなに一生懸命に掃除なんかしたのは記憶にないぐらいでした

そして、ついにこの時間になりました!!!!

飯です!腹減ってましたー早く食べたい!!!
ここでもみんなで協力していきます
段に積まれてる仏の心飯、俺四段ぐらい持とうとしたけどちょっと傾いてやばwってなったので2段にしましたw 男女声掛け合いながら本当に全員で協力して準備完了!!こちらです!!!

食べ始め、食べ終わりは先生の後についてこれを読んでから開始終了になります

肉や魚などは当然ありません、高野豆腐とか漬物とかお吸い物ですね 天ぷらも葉っぱとかありがとうございます

それからは1人ずつ自己紹介をしていきます
マジで寺マニアとか寺の心を知りたくてとかの中で俺の番になり、愛媛からここまで原付で来ました永井ですで笑われましたw 腐りきった心を治したくて来ましたよろしくお願いしますで締めてます
みんな寺マニアで先生に質問してるから俺も便乗して色々聞いたりしましたw 正座とか酷い場合壊死するのとかあるらしいですw

そして、飯も終わりまたみんなで協力して片付けが終わった後は本日最後の項目 写経です
初めての写経に緊張してる こんなのです

これに筆ペンで薄く見えてるのをなぞっていくみたい、なぞり無しのそのまま書くのも当然あるよね!
先生に最後の名前とかの書き方部分を教えてもらって早速開始!よーしいくぜぇ!!!!

ぐっ……

事件が起きました…ペンを持った右手の人差し指、マジで痛え… 更にアル中まで入ってるのか小刻みに手が震えて思ったように書いていけません

くそっ… やべぇ マジで痛えこれ、ペンを握るので人差し指にチカラ入ってるのか全然進まない
1行終わって見たらまだめっちゃある…
半分すぎぐらいでおじさんが終わるwう、嘘つけw
さすがに早すぎだろww

そして1人、また1人とみんなが終わっていく
いかん…もう限界… もう俺は速書きにしてやろうかと諦め掛けました

その時、俺の頭の中に雨に打たれながら進んできた道のりや、ツイッターで導き応援してくれたみんな、実際に応援に来てくれたみんなの姿が思い浮かびました 絶対ここで引いたらいかん、俺はどんなに時間掛かってもいいから絶対に最後までちゃんとやろうと誓い…そして完成しました…
プルプル震えて全然上手く書けてませんけどこちらです

しんがんせいしゅう

です 心に思うだけでなく実際に叶えてしまうありがたい言葉です 最後まで真剣に書けた事も自分の中では相当デカイ事です ありがとうございます

そして風呂、1人いたので入ってどーもーって言ったら

永井さんですよね?

は?へ???

ちょおおおおおお!30半ばぐらいの人でした
マジでリスナーの人、は?なんで声掛けた時とかあったやんw何も言わんかったやん自分wって言ったら

それじゃ修行にならないでしょ って

俺真面目にやってたやろ?って聞いたら

さすがにグーの音もでんすわ、真面目にやってましたねーって認めて貰えてたぜ!!

今、真後ろで寝てるけどねw
んで、隣の部屋が女部屋な

かるーいイビキはあるけど、今かなり静かw
起きてるの俺だけやろこれw
ヤバイw こんなの俺のイビキが炸裂したら絶対みんなに迷惑かけちゃうよw
布団あるから潜り込んで寝ます!!!

5時起きめっちゃ早いけど頑張ります!!
さすがに寝ないとヤバイからおやすみになります!!!

以上 またかなり長くなったけど体験修行初日でした!!それじゃ またね! チャオ!!


コメントを残す