久々に秋エギング行ってきました!!

unnamed76_20181019170749c79.jpeg

こんにちは!昨日は平日に休みのある友人と一緒に久々のエギング行ってきたよ!
秋のエギングなのでサイズに期待は出来ないけど新タックルも購入してるし春のBIGサイズに向けてアオリイカを釣る感覚を取り戻してないと駄目だから気合いは十分!!
めっちゃ釣ってる友人のお勧めエリアに向けて早朝から出発となります!!

IMG_1135_20181102101400ceb.jpg
IMG_1136_2018110210140153a.jpg

朝の1投目は本当に楽しみ   めっちゃいて活性が高かったら秋サイズならガンガン攻めてきてくれるからね さすがに大昔みたいにそんな事は無いと思うけど・・・ そのドキドキとは裏腹にちょっと風が強いのが俺を苦しめる
友人は風でも何度も闘ってきて馴れたもんで こんなのまだまだ甘いってw と全くノーダメの模様 無風状態からのあの何もない状態からのピクつきアタリが大好きな俺には風は本当に強敵であります・・・ 

IMG_1134_201811021019529eb.jpg
IMG_1146_20181102101954be3.jpg

上が友人のケース 下が俺の手持ちwwwww
俺とかこのままバックにぶちこみまくってるだけw この餌木(エギ)ってルアーを使って
アオリイカを狙います 釣り方はまずこのエギを投げる 沈めていく ロッドをしゃくり上げてエギにアクションを与える
このしゃくり上げの角度や大きさや回数によってエギは色んな動きをしていきます
このエギに水中を泳ぐアオリイカが反応 しゃくり終わった後に沈んでいくエギに飛びついてきます
エギの目やヒゲが怖いのかアオリイカは後ろ側から飛びついてきます
しかし残念ながらお尻側には恐ろしい針が何本も付いています 
柔かいアオリイカの腕はその針に刺さり、逃げようとしてもイカはバックで逃げる為に針に返しが無くても抜けない仕組み
この一連の流れを釣り手はラインの動きなどを見て瞬時に反応して「きた!!」ってなった瞬間にしゃくって当たりを取るって訳です

例えばこんなパターン 投入してかなり上層付近でしゃくりあげ
その後沈めていって本来ならどんどんラインが入っていくはずなのにそれが矛盾で停止
その矛盾の理由はイカがエギを抱いて落ちるエギを止めてしまったから そこでしゃくって合わせるとHITして釣れるみたいな
色んなパターンがあるけどこんな感じでアオリイカを釣る事になります

それでは早速投げてみます  久々の秋エギングスタート

IMG_1138_20181102104314537.jpg

めっちゃ小さいけど釣れました これは目で見て釣ったやつだけどね。。。
ずっとしゃくってエギが見えるぐらいまで手前に来てた時にエギを追いかけてついてきてるのが見えててそれで釣ってるよ
しゃくってから止めて、そしてスーーーっと落とすとうおおおお!!!って追いかけていって飛びつくのでそれでしゃくって釣ったってやつね このサイズじゃ刺身とかに出来ないので海に戻します サヨナラ!大きくなれよーー!

IMG_1144_201811021048572a8.jpg
IMG_1142_20181102104854298.jpg
IMG_1143_2018110210485640d.jpg
IMG_1145_201811021048535cb.jpg

めっちゃちっちゃいのがまた釣れてる 今度はもっとちっちゃい サイズ本当にダメだね
そんな中で3杯目のは秋イカでは普通にいいサイズ!350グラムありました これだと刺身にして美味しいサイズです エギを底に沈めてしゃくってたらかかってくれました!! 久々の可愛い引きに感動
新タックルの普通サイズ第1号さんでした! これは絞めて持って帰って刺身となるのでクーラーBOXに収納!!

IMG_1148_20181102105400a10.jpg
IMG_1147_20181102105401c78.jpg
IMG_1150_20181102105402845.jpg

友人も同じく両サイズGETしていってるよ!! めっちゃ研究熱心でエギングに燃えてるので攻め方とか完璧 理に叶った立ち回りとかしててやっぱ釣るべくして釣ってるなって思うね 俺のまだ達成してない2キロ越えも経験してます!!
海歩いてるとイカの天日干しあるしw 漁師の人達の生活にアオリイカはめっちゃ貢献してます!!

IMG_1158.jpg

まーた可愛いの釣れてもういいサイズ釣れないなって最終ポイントの夕まずめ
もう時間も無いし無理だなって思ってたけどあれだけ吹きまくってた風がピタリと止まって一気に嬉しくなる俺
大好きなピク付き当たりを味わいたいなって遠投してしっかり沈めてからしゃくっては待つ、しゃくってしゃくっては待つ・・・
最後の最後までついてきてる可能性はあるからじっくり粘る

そして、二段しゃくりしてラインを軽く張った次の瞬間!!

クインっ!!!!

うっ!!!! ロッド先が軽くピクつきました!きたこれ!!!! 速攻でロッドを跳ね上げるとガツン!!
重みが入った後に グイーーングイーーーンってバックして引きが開始!!
今日一番の引き!めっちゃ元気ある!これいいサイズだ!!500グラムあるかも!!!!

大喜びで上がったのがこの1杯でした

IMG_1159_2018110212151153d.jpg

残念・・・500オーバー成らず・・・ いい引きしてまあまあの手応えだったけど結果は380グラムと400オーバーにも満たなかった・・・

これが春のデカイカシーズンになると1キロを越えてくるのが当たり前になる
しかし、それが出てくる可能性は秋エギングとは比べ物にならない程に渋いです
坊主で帰るなんてのは覚悟の上で勝負にいくのが春のビッグサイズエギングの醍醐味です
1.5キロクラスになるとその引きもこんな可愛い奴らとは違って最高に激熱です
グイーーーーングイーーーングイーーーーーーーン!!!って三連打の物凄いバック逃げが入り
ドラグがいい音を鳴らしてラインが海に走っていきます
あれの時の大興奮状態はガチで最高にたまらない瞬間
くっそデカイのを取り込んだ時は仲間みんなでハイタッチの最高に気持ちいい場面であります

もうかれこれそのモンスターの引きを味わえていない俺 2019の春シーズンはこの最強新タックルで勝負に挑みたいと思ってます!!!!

IMG_1160_20181102122200fa7.jpg

帰りには大好きなあべ家のラーメンに半チャーハン 高菜に紅ショウガは絶対外せないですw
ほんと美味いからスープまで全部飲み干してます!!!

そして  本来なら釣ったアオリイカで持ち帰ったのは1日2日寝かせてから食うんですけど
今日は速攻でオカンにいつものアオリ捌きを見せてもらえたのでどんな感じで刺身になるのか見せていきますね まず目や手がある部分を引き抜いて上の胴体部分だけに分離 更に胴体中にあるクリスタルソードを引き抜きます
その状態がこちらです

IMG_1213_201811021226202bc.jpg

綺麗すぎる!!! こんな透明の物がアオリイカの体内には入っています
こんどは更に指で皮を剥いでいって分離します するとこうなります

IMG_1215_20181102122801edb.jpg
IMG_1216_201811021228028b5.jpg

薄皮も指で剥いでいくとこんなに綺麗になります そして包丁を入れて開いてこの状態にしてからアオリイカの刺身としての大きさなんかに切って更に盛りつける訳です  こんな感じになるよ!

IMG_1218_201811021229540c0.jpg
IMG_E1219.jpg

キュウリや大根を細切りにして ワサビ刺身醤油と合わせて刺身と一緒に重ねながら喰うの美味いですね 
本来は2日ぐらい冷蔵庫で保管してからいくのが甘味出ていい感じになりますよ 
高速刺身はちょっと俺にはしんどかったですねw

以上 2018平成最後の秋エギングの記事でした!
まじで来年の春に怪物に会ってみたいわぁ・・・・ 新タックルせっかく買ったんだから頑張っていきたい!!!!
目指せ2キロアップ!!!

それじゃ またねーー! チャオーーー!  (^▽^)ノ


コメントを残す